最小回転半径

| 未分類 |

自動車がどれだけ小回りできるかを判断する目安です。

 

ハンドルを最大限いっぱいに切り、そこから回転したときの外側前輪の描く弧の直径から算出されています。

 

計測の仕方はタイヤ幅の中心点で行われ、また実際には回転する際にボディが外側にはみ出していますから、その分大きく回っていることになります。

 

前輪と後輪の距離である、ホイールベースが長い車ほど最小回転半径は大きくなりますが、同じホイールベースでもフロントのオーバーハング(前輪の中心から自動車の先端までの距離)が短ければ、それだけ実際の小回りがきくことになります。

 

また一般的には、前輪駆動であるFF車よりもFR車のほうがタイヤの切れ角が大きく、同じホイールベースでも小さく回れる傾向にあります。

また自動車の特性として、切ったハンドルとは逆の方向にふくらむことがありますので、特に大型車などのリアオーバーハング(後輪の中心から自動車の後部までの距離)の長い自動車は運転に注意が必要となります。

 

これらのことから言えることとして、安全性を考慮しない場合、運転に自信のない人は自動車選びのコツとして、フロントオーバーハング及びリアオーバーハングが短く、さらにホールベースの短い自動車の方が、運転しやすいと言えるでしょう。

新幹線02